サワラを取り戻そう!〜日生漁協の”いきものがかり”報告!

写真日生に春を呼ぶ魚、サワラ!でも近年、この漁獲量は少なくなっていることをご存知ですか?
そこで、岡山県・兵庫県・香川県3県の協力のもと、5つの漁協で「サワラ資源回復計画」を進めています。
このページでは、日生漁協が取り組むこの事業について
随時お知らせしていきます!

 「鰆(さわら)」は瀬戸内の春を告げる出世魚。県内の水揚げはピークの1986年に約535トン。日生町漁協でも85年に約111・5トンありましたが、2001年に約4・2トンまで激減しています。
2002年この放流を始めた結果、2005年には日生町漁協の水揚げが約20・9トンにまで回復、近年は約6・5〜約2・8トンを保っていますが、水揚げ高の約1割はこの放流サワラで、徐々に効果は定着してきていると言えそうです。

サワラの稚魚受入れ

写真◆毎年6月、屋島にある「水産総合研究センター」から
サワラ稚魚16,000匹を受入れ。


写真◆まだ3センチほどの稚魚。

 


写真◆日生に到着。用意した生け簀へ。

稚魚のお引っ越し、です。


写真◆稚魚のお食事タイム。

この生け簀で、給餌しながら
稚魚が10センチほどに成長するまで
大事に見守ります。
この間約10日間ほど。
放流予定は、6月17日だ。


大きくなったサワラの稚魚。いよいよ、アマモ場への放流!

写真◆日生中学校の1年生がサワラの稚魚に
給餌体験に来てくれました。

サワラの稚魚は実は共食いの習性がある魚。
そのため、絶えず餌を入れてやる必要がある、
とのこと。真剣に説明を聴く中学生たち。

写真◆中学生の給餌風景

先ほどの説明・注意を守りながら
真面目に取り組んでくれてます!



写真◆約10センチほどに育った稚魚

6月20日、いよいよ放流です。
小さいながらも、サワラの風格が
ありますよ!

 



写真◆生け簀から、瀬戸の海へ!

アマモの生える海で大きくなりながら、
60センチほどになったころ(秋頃)
外海へと移動し、そして来年の春、
瀬戸内海に戻ってきます。
大きくなって、帰ってこいよ!